朝倉あきは声がわがまま?下町ロケットで作業服がかわいい!


今話題のドラマ「下町ロケット」で作業服の紅一点として活躍する朝倉あきさんがかわいいと話題ですね。神様のカルテやトリックなどのドラマや映画に出演したこともあり、ジブリ作品「かぐや姫の物語」の声優を務めたこともある方です。しかし一時休業していたところもあったのですが最近復帰したみたいです。どんな方かまとめてみました。

スポンサードリンク



朝倉あきさんのプロフィール

asakuraaki1

本名:朝倉あき(あさくらあき)
生年月日:1991年9月23日(24歳)
出身地:神奈川県
血液型:B型
身長:165cm

朝倉あきさんは2006年の東宝シンデレラオーディションでファイナリストとなって芸能界入りした方です。その後はNHKBSの「わたしが子どもだったころ『女優・斉藤由貴』」でドラマデビューを果たし、2010年の1月には「とめはねっ!鈴里高校書道部」で主演を務めました。そして同じく2010年の9月に瀧本美織さんが主演した連続テレビ小説「てっぱん」にも出演して話題となりましたね。

かぐや姫の物語でかぐや姫に大抜擢!理由は声がわがままだから?

kaguyahimenomonogatari

そんな朝倉あきさんですが、スタジオジブリの映画「かぐや姫の物語」の声優としても活躍されていました。竹取物語を原作にしたこの映画は高畑勲監督が指揮をとり、第87回アカデミー賞にノミネートされるなど話題となりましたね。

朝倉さんがかぐや姫に抜擢された理由というのを高畑監督は「今の女優さんの声は受け身が多い。しかし朝倉さんの声はわがままであったから。」と語っています。実は朝倉さんはこのオーディションを失敗したと思い、泣きながら帰ったそうです。つまり声に関しては全くの素であり、本当にわがままということですね。

ちなみに性格は幼稚園までは活発だったそうですが、小学校からは抑えて控えめな子だったそうです。どちらが本当の性格なのでしょうかね。

スポンサードリンク



下町ロケットで紅一点!

asakuraaki2

朝倉あきさんはドラマ「下町ロケット」で佃製作所のエンジニア・加納アキを演じています。本人と同じあきという名前に親近感を感じているそうですが、役どころは天真爛漫で技術部のムードーメーカー的存在と難しいやくですよね。そんな朝倉さんの活躍がかわいいと話題になっています。

 

まとめ

やはり高畑監督も惚れ込んだ声が女優業でも発揮されているみたいですね。そのわがままな声が男ばかりの佃製作所に清涼剤として機能するのでしょうか。下町ロケットを見たことがないという人も是非見てほしいですね。

スポンサードリンク



合わせて読みたい記事


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA