コーヒー飲む人はサイコパス?眠気を飛ばすのは非人道的か?


コーヒーなどの苦いものを好む人はサイコパスではないのかと話題ですね。
実際コーヒーを好む人って大人なイメージがあってなんかダークな雰囲気を感じますよね。
子供でない=邪悪でないみたいな。
そんな意味でサイコパスではないかと一部ではささやかれているみたいで今回はその内容について紹介したいと思います。

スポンサードリンク



ことの発端は?

コーヒー好きはサイコパス?とその話題となった調査がこちらです。

今回の調査結果を発表したのは、オーストラリアのインスブルック大学に在籍するクリスティーナ・サギオーグロウ教授が率いるチーム。
まずチームは約500人の男女を対象に、飲食物のリストを配布。そこには、チョコレートケーキやベーコン、お酢などの、「甘いもの」「しょっぱいもの」「すっぱいもの」「苦いもの」が均等に掲載されており、人々に6段階評価で好きか嫌いか判定してもらったのだ。そして4種類の心理テストを行って人々の大まかな性格を把握し、それぞれの味の好みと性格を照合。さらに450名を対象に別の実験を行った上で、調査チームはある傾向を突き止めたという。
それは、目的のためなら非人道的行為もいとわない、サディスティック、ナルシズム、嘘つき、虚栄心が強い、自己中心的、人の不幸を喜ぶ特徴を持つ人……つまり、“サイコパス的な性質” を持つ人は、ブラックコーヒーやトニックウォーター、ラディッシュなどの苦いものを好むというものだ!
引用:ロケットニュース24

一体全体突拍子もない話かもしれませんが調査の内容から考えるとあながち嘘じゃないのかもしれないですね。
前述のイメージ通り大人なダークな雰囲気を感じるところもありますし本当のところはどうなのでしょうか?

内容を確かめる

この論法は以前にもありまして「他人のあくびがうつらない人はサイコパス傾向にある」、「夜型人間は邪悪な性格」という話の第3段ということです。
そもそもサイコパスの定義を考えてみるといいですね。
小学館の大辞泉によると「精神病質(その人格のために本人や社会が悩む、正常とされる人格から逸脱したもの)である人」とのことです。
簡単にいうとはみ出しものってところでしょうか。
人と同じことをしない人を締めあげる言葉のようにも聞こえます。
サイコパスだというネガティブなイメージを植え付けることでの同調圧力。
今回の結果ではそういう傾向があるというだけで内容については全く議論されてないですね。
なので「ブラックコーヒーを飲みながらチョコを食べるのが好き。」なんて人がいることを無視しています。

本質を見抜くこと

こうした調査は結果を楽しむだけに抑えておくのが賢明ですよね。
決してコーヒーを好んで飲んでいる人に対して「サイコパスだ!」なんて言わないようにしましょう。
コーヒーを飲む人の目的には
・味がおいしい
・香りを楽しみたい
・眠気を飛ばしたい
なんて人たちがいます。
この味が美味しいと感じている人たちを「サイコパスだ!」なんていうのはナンセンスですよね。
そんなことを言っていたら何も食べることができなくなってしまいます。
しかしもしかしたら
「眠気を飛ばしたい」
という行為を
「非人道的だ!」
なんてののしるのであればコーヒー好きはサイコパスかもしれませんね。
しかしその前にこの内容を全く鵜呑みにする人こそ本当の「サイコパス」なのかもしれません。

スポンサードリンク







合わせて読みたい記事


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA