初詣は神社に行く?それともお寺に行く?違いは何?

untitled

新年のイベントといえば初詣ですが、みなさん神社とお寺の違いって知っていますか?神社とお寺って神様がいる感じのふるーい建物というイメージで違いがないように思えますが、実際は全然違います。となると初詣の参拝の仕方も変わってきます。普段何気なく参拝にしていた方もいるかもしれませんが、その違いについてしっかりと理解しておきましょう。

スポンサードリンク

初詣にはどこに行く?

年が明けて、今年1年の健康と安全、そして恋愛運などをお願いしにいく初詣ですがみなさんはどこへ行きますか?近くの神社ですか?それとも目的の神様がいるお寺ですか?それか有名どころ「明治神宮」や「伊勢神宮」に行きますか?晴れ着姿で初詣もいいですがどこに行くべきかしっかりか考えるといいです。

というのも初詣に神社が正解だとか、お寺が正解だとかはありません!

どんなことを祈るのか、誰と行くのか、何が目的で行くのか

ということを考えて初詣に行くのが正解です。

神社とお寺って違いがあるの?

神社とお寺のわかりやすい違いは2つあります

鳥居がある?ない?

まず神社には鳥居がありますが、お寺には鳥居がありません。そもそも鳥居というのは神域と人間が住む俗界を区画する結界みたいなものです。ん?つまりお寺に鳥居がないってことは?そうなんです、お寺に神様はいないのです。お寺で祭っているのは仏様なので神様とは違うということですね。

お墓がある?ない?

鳥居と反対ですが、神社にお墓はないです。代わりにお寺にはお墓があります。仏様というのは御釈迦様からの流れを汲んで仏としてあがめられた僧であり、簡単にいうと実在して亡くなった人が多いです。(実在してない仏ももちろんいます)そういう人たちを祭っている場所でもあります。なんとなくイメージ付きますでしょうか?

スポンサードリンク

作法の違いはあるの?

神社とお寺の中身が違うので作法にも違いがあります。

神社の作法

頭を下げる
鈴を鳴らす
賽銭を入れる
深く2回お辞儀をする
2回柏手をうつ
合掌し祈願する
深くお辞儀する

所謂、2礼2拍手1礼というやつですね。

お寺の作法

頭を下げる
鐘をつく
賽銭を入れる
合掌し祈願する
頭を下げる

まとめ

いかがでしたでしょうか?あまり違いを感じなかったという人もいるかもしれません。というのもやはり初詣というのは行き先や作法ではありません。祈る気持ちであったり、一緒に行く人であったり大事なことはさまざまです。礼儀作法をきっちりと守ることよりも大事なことがあるのでそこを大事にしたいですよね。寒い季節なので風邪だけは十分に気をつけていくのがいいと思います。それでは素敵な新年をお過ごしください。

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA