林修の今でしょ講座の歯磨きが話題!歯医者の歯磨きの仕方は?


2月9日に放送された「林修の今でしょ!講座」は歯磨き特集でした。林修さんは歯を5本も抜いたことがあるそうですが、番組では基本的な歯磨きの知識について紹介されました。そこで紹介された歯医者の歯磨きの仕方の共通点についてまとめました。

スポンサードリンク


歯医者の歯磨きの仕方


2月9日に放送された「林修の今でしょ!講座」で歯医者さんの歯磨きの仕方が紹介されました。6人の歯医者さんの歯の磨き方について共通する点をまとめました。

歯磨き粉は1/3程度で磨く

歯ブラシにつける歯磨き粉はブラシの1/3程度でいいそうです。歯磨き粉をつけ過ぎることによって、泡立ちや清涼感で磨けてないのに磨いた気になってしまうそうです。そのため歯磨き粉はつけ過ぎないようにするとよいそうです。

一定の方向で磨き始める

歯磨きをする際にスタートとゴールを決めておくとよいそうです。そうすることによって磨き残しを亡くすことができるそうです。左上の奥歯から磨き始めて、左下の奥歯をゴールにしようと考えたりすることで歯全体を均等に磨くことができます。

スポンサードリンク


 

一度しか口をすすがない

歯医者さんは歯磨き後に口のすすぎを1回しかしないそうです。歯磨き粉に入っているフッ素などを残す有効成分を残すようにすることで、歯磨き粉の効果を最大限生かすためですね。

歯間ブラシやフロスを使う

歯医者さんは歯磨き後に歯間ブラシやフロスを使って、歯と歯の間の汚れをしっかり落とすそうです。歯ブラシだけではとれない汚れもあるので、歯間ブラシやフロスを使ってしっかりと歯と歯の間を綺麗にすることで歯を清潔に保つことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?歯医者さんが行っている歯の磨き方なので確かなものですね。歯が汚いことによって病気になりやすくもなるそうなので清潔にしておきたいものです。しっかりとした歯の磨き方を身につけて歯を大事にしたいですね。

スポンサードリンク


合わせて読みたい記事


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA