水曜日のダウンタウンで東大阪市のノリが良いと話題!ノリが悪いのは水戸市?


5月4日に放送された「水曜日のダウンタウン」で「相模が相撲になっていても気づかない説」が検証されました。そこで東大阪市が検証に参加したことで松本さんが「東大阪市は○○と違ってノリがよい」と話し、ノリが悪いのは水戸市では?と話題になりました。

スポンサードリンク


相模が相撲になっていても気づかない説


5月4日に放送された「水曜日のダウンタウン」では「相模が相撲になっていても気づかない説」が検証されました。似たようなフォルムの「相模(さがみ)」と「相撲(すもう)」ですが、看板を張り替えたりと大がかりな検証がなされました。後半では逆の「相撲が相模になっていても気づかない説」も検証されました。

東大阪市は○○と違ってノリがよい


検証は東大阪市の「わんぱく相撲大会」で行われ、市職員の温かい協力もあり無事に成功しました。これにはスタッフやプレゼンテイターのカンニング竹山さんも感謝の言葉を述べましたが松本さんが意味深な言葉を放っていました。


スポンサードリンク


伏せ字は水戸市?


松本さんが「東大阪市は○○と違ってノリが良い」と話しましたが、ネット上では「水戸市と違ってでは?」と話題になりました。水曜日のダウンタウンでは以前「今でも印籠の効果あるんじゃないか説」が検証され、水戸黄門で有名な水戸市にて検証が行われましたが、マナーの悪い若者に印籠の効果はなく、撮影はあわや放送事故というレベルになり話題となりました。そのため水曜日のダウンタウンでは水戸市の印象が悪いようですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?東大阪市の協力もあり面白い説が検証されましたね。今後もノリ良く対応してもらえるといいですね。また水戸市の印象が悪いといっても放送で偶然的に使われた部分が悪かっただけで水戸市全体が悪いわけではないので注意が必要ですね。

スポンサードリンク


合わせて読みたい記事


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA