本田博太郎がわたしをみつけてに出演!北京原人やグループ魂で有名?


俳優の本田博太郎さんがNHKのスペシャルドラマ「わたしをみつけて」に出演されています。病院の院長を演じるということですが、以前は北京原人を演じてた?グループ魂の曲に取り上げられたこともあるということなのでどういう方なのか調べてみました。

スポンサードリンク

本田博太郎さんのプロフィール

hondahirotaro

本名:本田博史
生年月日:1951年2月8日(64歳)
出身地:茨城県
血液型:A型

本田博太郎さんは1980年代から映画やドラマ、舞台で活躍している俳優さんです。Vシネマ「首領への道」では飯島刑事役として老練で狡猾な役を見事に演じ話題となりました。現在でもライフカードのCMでオダギリジョーさんと共演などをして活躍されています。

北京原人で話題に

pekingenjin2

1997年に公開された「北京原人 who are you?」です。こちらに本田博太郎さんが出演してるんですよね。それがこちら

pekingenjin1

もう本田さんじゃなくていいじゃないか!という内容ですね。残念ながらこの北京原人は興行収入が振るわなかったみたいです。しかしこれだと完全に黒歴史ですよねw

スポンサードリンク

グループ魂の曲にもなった?

グループ魂(ぐるーぷたましい)といえば宮藤官九郎さんや阿部サダヲさんの所属するコミックバンドですね。2005年には「君にジュースを買ってあげる♥」で紅白出場も決めています。そんなグループ魂が本田博太郎さんをリスペクトして「本田博太郎~magical mystery UPAAAAAAAAA!!!!!~」という曲を2005年にリリースしています。PVには本田さん本人が登場するなど話題となりましたね。

わたしをみつけてに出演!

そんな本田博太郎さんがNHKのスペシャルドラマ「わたしをみつけて」に出演されています。瀧本美織さん主演のドラマで全4回のスペシャルドラマですね。本田博太郎さんは後藤啓一郎という病院の院長を演じます。

hondahirotaro1

星美ヶ丘病院の院長。外科医として高い技術力を持ち、創業者の父から受け継いだ病院を、自分の腕ひとつで現在の規模にまで大きくしてきた自負がある。息子の雅之や病院の行く末を思い、まだまだ現役でいなければと老体に鞭打って働いている。
引用:公式サイト

渋いですね!めちゃくちゃかっこいいです!しかし本田さんは結構この番組では悪い役を演じています。

ストーリー
病院勤務の准看護師・山本弥生(瀧本)は生後まもなく親に捨てられた過去をもち、仕事が終わると自分の殻に閉じこもる毎日。ある日、手術後の患者が亡くなり、新任の看護師長・藤堂(鈴木)は院長の誤診を疑う。院長は弥生にミスの隠蔽協力をさせようとする。「協力を断ると大切な居場所を失うのではないか」と悩む弥生を藤堂は叱責し、弥生の隠れた思いが初めてあふれ出る。ふたりは病院の大きな歪みに立ち向かうことに…。
引用:公式サイト

悪ですねえ。そこが本田さんの魅力ではないでしょうか?これはぜひとも見るしかないですね!

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA