雷坊主の添い寝節の意味は?ジャルジャルの漫才のことわざがM-1で話題!


「雷坊主の添い寝節」「子供の小便百祟り」「膝の峠越え」「漆の帯ほどき」の意味をご存知でしょうか?お笑いコンビ「ジャルジャル」の漫才で使われる言葉で、ありそうでないことわざですよね。M-1グランプリ2015でもこのフレーズが使用されて話題となりました。

スポンサードリンク

ジャルジャルとは?

jarujaru

ジャルジャルは2003年結成のお笑いコンビです。左がボケ担当の後藤淳平、右がツッコミ担当の福徳秀介です。M-1グランプリ2015の決勝に進出し、834点を獲得して最終決戦に駒を進めました。そのネタがこちらです。

爆笑ヒットパレード2014の時と全く同じネタでしたが見事1位で最終決戦に進みましたね。この漫才で使われたことわざについてまとめました。

漆の帯ほどき

気持ち悪くてゾクゾクッとすること。後藤のイントネーションのイントネーションが違うことに対して。

膝の峠越え

のんびりしてたらビクッとなること。後藤が急にお客さんに問いかけをし始めたことから。

子供の小便百祟り

急に誰も知らないことをすること。後藤がリングリ、リングリーというギャグをしたことから。

雷坊主の添い寝節

急に怒り出すこと。後藤が福徳のよくわからないことわざに対して怒ったことから。

スポンサードリンク

ネットの反応

 

まとめ

どれも思わず使ってしまいたくなるようなことわざばかりですね!どれも意味は適当ですがよかったら正しい使い方をしてみてくださいね!それでは!

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA