芸能人格付けチェックに又吉!GACKTは不在の理由は?過去の成績は?


10月13日(火)の19時から「芸能人格付けチェック 一流芸能人に常識はあるのか!?史上初!全員消えたー!?SP」が放送されますね。
ゲストをお招きして一流芸能人なら知っていて当然のマナーや常識の問題が出されるのですが、その問題が難しく放送されるたびに楽しみにしています。
今回は芥川賞を取られた又吉直樹さんが出演されたことに注目が集まる一方で36連勝中のGACKTさんが出演されない理由が気になりますね。

スポンサードリンク

芸能人格付けチェックとは

芸能人格付けチェックとは簡単にいうと朝日放送系列のクイズ番組です。
司会はダウンタウンの浜田雅功さんと伊東四朗さんが主に務めており、毎回「一流芸能人」と呼ばれる豪華なゲストをお招きしています。
実はこの番組は毎年正月に恒例の番組でして多くの皆様が年明けに早々から楽しみにしている番組でもあります。
ルールはいたって簡単「高級品」と「一般品」を見分ける問題に挑戦して正解数に応じてランクを決めていくというシンプルなものです。
基本的には「A」か「B」の二者択一な問題なのですが「高級な盆栽」はどちらか?といった問題や「有名な監督が指揮した映像作品」はどちらか?といった一流でなければ見分けることのできない問題が出題されており、視聴者も一緒に楽しむことができます。
ランクは上から「一流芸能人」「普通芸能人」「二流芸能人」「三流芸能人」「そっくりさん」「映す価値なし」の6段階となっており、「映す価値なし」となりますと言葉通りの処遇をされて、CG加工でテレビに映されないということになってしまいます。
派生番組も多くあり、今回10月13日に特別に放送されるということで注目が集まっています。

一流芸能人の方々

10月13日放送の芸能人格付けチェックで出演される方は以下の方々です。

泉ピン子さん(6回目)
梅沢富美男さん(2回目)
関根勤さん(2回目)
浅田美代子さん(初)
榊原郁恵さん(2回目)
中村橋之助さん(初)
石黒賢さん(初)
又吉直樹さん(初)

と今回初参加の方が4人と多い中で泉ピン子さんが6回も参加されているのがすごいですね。
ちなみに複数回参加ある方の過去の出演での成績はこのようになっています。

泉ピン子さん

一流芸能人1回
三流芸能人3回
そっくりさん1回

梅沢富美男さん

そっくりさん1回

関根勤さん

一流芸能人1回

榊原郁恵さん

一流芸能人1回

伝説の男の参加は?

毎年恒例の格付けチェックでもはや生きる伝説とまでなっている人が実は存在するのです。
それが現在36連勝中という成績を残しているGACKTさんです。
GACKTさんは過去6回の参加をしておりますがその6回をすべて一流芸能人で終了する一流中の超一流芸能人なのです。

GACKTさんの過去の出演歴はこちら
第6弾 チームマブダチ(相方・吉田秀彦さん) 一流芸能人
第7弾 チームアーティスト(相方・つんく♂さん) 一流芸能人
第9弾 チームマブダチ(相方・紀里谷和明さん) 一流芸能人
第10弾 チームマブダチ(相方・魔裟斗さん) 一流芸能人
第12弾 チームアーティスト(相方・西川貴教さん) 一流芸能人
第14弾 チーム30連勝(相方・鬼龍院翔さん) 一流芸能人

gackt

今回GACKTさんは年末年始の番組ではないということで不参加とはなっておりますがやはり格付けチェックにGACKTさんの姿がないのは少しさびしいものがありますね。

注目は芥川賞の又吉直樹さん!

今回の放送で一番注目を集めているのはピースの又吉直樹さんです。
小説「火花」が芥川賞を獲得されたことによってただの芸人から「一流芸能人」として扱われる日々であり、今回この格付けチェックの結果に注目が集まっています。
しかし事前の情報では格付けされる側に立ったことで「喉に何も通らないくらい緊張しました」と冷や汗をかいている様子です。
「常識のあるご祝儀の書き方」のチェックでは、文字のスペシャリスト、横浜国立大学の青山浩之教授に「丁寧に書かれているようにみえます…が、ちょっと幼い印象を与えてしまう文字で、気持ちが伝わらないですね。文字のはらい、はね、とめがとても曖昧で頼りない印象」と厳しい指摘が。挙句に「歴代の芥川賞受賞者の中で、ダントツで稚拙な文字ですね、これは」と酷評されてしまう事態にもなっています。
果たして結果はどのようになったのか注目の番組ですね。

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA