サイレーンで要潤(月本院長)がかわいそうだと話題に!ネタバレあり!


12月15日にドラマ「サイレーン」の最終回が放送されました。数々の伏線をしっかりと回収して、面白かったと話題となりましたね。ハッピーエンドを迎えたこの作品でしたが、そのなかで月本院長を演じた要潤さんがかわいそすぎると話題になりました。いったいどういうことでしょうか?

スポンサードリンク

サイレーンの簡単なあらすじ

saire-n

刑事の中でも初動捜査に携わる機動捜査隊(通称:キソウ)の物語で、相棒でありながら実は恋人同士でもある松坂さん演じる里見偲と木村さん演じる猪熊夕貴が、とある殺人現場に突如現れた菜々緒演じる“美しき殺人鬼”橘カラと出会い、運命を狂わされていく、ラブサスペンス。
引用:http://www.cinemacafe.net/article/2015/12/15/36431.html

いわゆる刑事もので一本のストーリーを追い続ける作品です。物語のキーを握るのは菜々緒さん演じる橘カラで、悪女キャラが存分に発揮されていましたね。

要潤さん演じる月本院長って?

kanamejun

本名を月本圭といい、月本クリニックという整形外科の院長です。確かな実力を持った方なのですが、裏ではまずいこともやっているという軽い悪人です。

数々の整形を手掛けている月本院長

ネタバレとなりますが月本院長は数々の整形手術を手掛けており、顔だけでなく声質さえも変えてしまっています。その技術力は今まで一緒に過ごしてきた家族すらも欺けるほどで、橘カラのなり済ましの手助けをしていました。

十和田幸→橘カラ

8話にて明かされた真実。学生時代にに十和田幸は橘カラになり済ますために月本院長に整形をお願いして、以来ずっと橘カラとして生活をしていました。

橘カラ→猪熊夕貴

最終回にてなりすます。猪熊の正義感を得たいという理由から顔を整形します。同僚などにも全くばれず、恋人である里見(松坂桃李)に違和感を感じさせる程度の整形。ちなみに菜々緒さんは身長172cmで木村文乃さんは身長164cmという身長差や声まで整形で変えたという技術力の高さが光ります。

まひる→橘カラ

8話にて火事に巻き込まれたと思われていた橘カラだが、実はまひるが整形した顔だったということ。まひるは橘カラに憧れを持っていたことから洗脳状態にあった。

他にも数々の整形を行っていた模様。とにかくばれないんですね。顔だけでなく声まで変えてしまう技術力はどうなっているのでしょうか?すごいですね。

スポンサードリンク

月本院長がかわいそう?

そんな絶対的な技術力を持つ月本院長ですが、数々の場面でかわいそうな目にあいます。

橘カラに用済みだと消されそうになる

6話において言わば相棒とも言える橘カラに用済みだと言われて消されそうになります。理由は橘カラが正義感を執行するために、以前の罪を償わせるというものでした。あまりの理由に月本院長も今更何を言ってるんだ!と激昂してましたね。

無実の罪をなすりつけられる

同じく6話において橘カラの罪をなすりつけられて、警察に追われるはめになります。この時点月本院長は失踪という扱いになります。

復活も自宅に軟禁状態にされる

実は生きていた月本院長でしたが、橘カラを猪熊夕貴の顔に変えてからは用済みとなり、自宅に軟禁状態とさせられてしまいました。

完璧な手術も橘カラに詰められる

橘カラを猪熊夕貴にする整形手術は見事成功したものの、何度も整形を繰り返した橘カラの顔の皮膚が壊死してしまい、そのことについて橘カラに詰められます。

人質にとられるも警察の里見は意に介さず

最終回にて橘カラにナイフを突き付けられて人質にされる。しかし「止まらないとこいつを殺すぞ」という言葉に里見はまったく聞く耳を持たず突き飛ばされる。

ネットの声

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?これほどすごい院長が他にいたでしょうか?すごいですね。もしこの技術を持っている方がいたら、是非ともいいことに使ってほしいですね。

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA