この冬も感染症胃腸炎が流行?予防法は?仕事はいつまで休む?


肌寒い季節になってきて来ましたね。
この時期になると毎年怖いのが病気。さらには最近流行している感染症胃腸炎ですね。
感染症胃腸炎はいわゆる「ノロウイルス」や「ロタウイルス」が一般的に知られています。
一時期話題になってメディアでも放送されましたが、今一度予防法などをおさらいしときたいですね。

スポンサードリンク

感染症胃腸炎とは

感染性胃腸炎とは、おう吐や下痢を主症状とする、細菌あるいはウイルスなどによる感染症のことです。
毎年、秋から冬にかけての寒い時期に流行します。
ノロウイルス、ロタウイルスによって引き起こされるものが一般的に有名ですね。
その中でもノロウイルスは感染力が強く、集団感染や食中毒を引き起こすこともあり、一時期流行したので注意が必要です。

ノロウイルスの症状、感染経路、特徴は?

ノロウイルスの症状は主に下の5つです。

  • 吐き気
  • おう吐
  • 腹痛
  • 下痢
  • 発熱(38度以下)

潜伏期間は、24から48 時間ほどで、普通は発症後3日以内で治っていくそうです。
しかし発症したその日が一番つらいみたいで、その日はとても仕事に行けたものではないみたいです。

ノロウイルスの感染経路は2つのルートがあります。

  • カキなどの生食や調理者の手洗い不十分による食品や水から感染
  • 患者の便や吐しゃ物に触れた手を介する感染

特に下の吐しゃ物に触れる感染経路は介抱ゆえに仕方のないケースがあり、難しい問題となりましたね。
また吐しゃ物に関しては長時間放置による空気感染したのではないかという事例もあり、特に注意して処理が必要です。

ノロウイルスの特徴は何と言ってもその感染力です。
ヒトからヒトへとめどなく感染するため二次感染を防必要があります。
また少ないウイルス量で発症し、食品中では増殖しないという特徴も持っています。

ロタウイルスの症状、感染経路、特徴は?

ロタウイルスの症状は主に下の3つです。

  • おう吐
  • 下痢
  • 発熱

潜伏期間は、24から72時間ほどで、ノロウイルスよりも期間が長いです。
乳幼児による感染が多く、合併症として激しい下痢による脱水症が起こりやすく、時には痙攣・脳炎・脳症など重症化することもあるので注意が必要です。

ロタウイルスの感染経路は経口感染で、ウイルスに汚染された食品からや、患者の便などに触れた手を介する接触感染が主要なルートとされています。

そして特徴が乳幼児期に注意が必要だということです。
5歳までに何回か罹り、症状が長引いたり、合併症などにより時に重症化することがあります。
ヒトからヒトに感染する点は変わらないですが主に便からの感染が多いです。
ノロウイルスと違い予防接種(任意・有料)がある点が安心ですね。

スポンサードリンク

予防法は?

まずは何より手洗いうがい

感染症の予防の大原則は手洗いうがいです。
外から帰った後、トイレの後、調理や食事の前にはしっかり石鹸を使って手を洗いましょう。
またうがいもヨード液などを利用してしっかりやりましょう。

食品の取り扱いに気をつける

カキなどの食品はもちろんどんな調理をするときも清潔に扱いましょう。
また加熱調理する食品は十分火を通しましょう。
目安としては85度で1分以上の加熱をするといいようです。
生の食材を扱うときはよく洗浄し、必要に応じて消毒するようにしましょう。
調理用器具の扱いにも注意です。
まずは生食用と加熱調理用とを区別し、使用した後はしっかりと洗いましょう。

もしかかってしまったら?

もし予防をしっかりしてかかってしまった場合は仕方ありません。
大事をとってしっかりと休みましょう。
仕事に行く方が迷惑をかけてしまいます。
休暇の申請をして医師の指示に従うのが何よりも大事なことです。
体の調子を整えることが一番の仕事と考えましょう。

働き盛りの人が感染した場合、症状は2~3日で自然に治ります。
体力をつけるためにと無理をすると、ノロウイルスによる腸の炎症が悪化し、下痢や嘔吐の症状が激しくなることもあります。
また市販の下痢止めを飲んでしまうと、ウイルスが排泄されずに余計に症状を悪化させてしまうこともあるようなので注意が必要です。
症状は3日ほどで回復するみたいですが、二次感染を防ぐためにも一週間程度の休みをとるべきかと思います。
かかりつけの医師とよく相談して決めてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
感染症にはかからないのが一番ですので予防だけはしっかりとしましょう。
しかしそれでも感染症にかかってしまうこともあります。その時はやはり十分に休むことが大切です。
もし自身ではなく職場の同僚がかかってしまった場合にも同様の配慮をしましょう。
感染症は毎年流行がくるので、今年かからなかったとしても来年かかることもあります。
そうした時こそ同僚に優しくしていた分、自身にも優しく接してもらえるかもしれませんね。

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA