WBCで牧田の酷使?困った時の牧田に困惑の声!侍ジャパン・イスラエル戦!


3月15日にWBC(ワールドベースボールクラシック)のイスラエル戦が行われました。8-0で迎えた9回表で小久保監督は抑えに牧田投手を投入。昨日のオランダ戦でも投げた牧田選手なだけにネット上では牧田の酷使ではないかと話題になりました。小久保監督の「困った時の牧田」という発言からも牧田依存症が危惧されます。

スポンサードリンク


WBC(ワールドベースボールクラシック)イスラエル戦!


3月15日に行われたWBC(ワールドベースボールクラシック)で侍ジャパンはイスラエル相手に8-3で勝利しました。筒香選手のホームランに始まり松田選手、菊池選手のタイムリーによって一挙5点を獲得。そこから追加点を重ねて見事アメリカへ行く準決勝進出を決めました。

抑えの牧田に疑問の声


そんな侍ジャパンでしたが9回の継投にネット上では疑問の声があがりました。8-0で迎えた9回表に小久保監督がマウンドに送り込んだのは前日の試合でもリリーフを任された牧田投手。8点もの点差があるにも関わらず守護神を送りこんだことにネット上では「なんで?」と疑問の声があがりました。


スポンサードリンク


困った時の牧田?


小久保監督は牧田を信頼しているからなのかも知れませんが、ネット上では「牧田の酷使」と采配に疑問符がつきました。藤浪投手などあの点差であれば投入することができる選手がいたにも関わらずよくわからなかったですね。結果として自身の守備エラーなども絡んで3失点を喫することとなり今後に課題を残すものとなりました。

まとめ

困った時の牧田ということでしたが牧田投手は左打者が苦手ということもあり、またキャッチャーも小林選手よりも普段から慣れている炭谷選手の方が
よいのではないかとネット上では言われていました。小久保監督なりの考えがあったからかもしれませんがよくわかりませんね。アメリカに行って準決勝、決勝が行われます。不安はありますが侍ジャパンには是非勝って世界一を奪還してほしいですね。

スポンサードリンク


合わせて読みたい記事


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA