ミルフィーユシャンティにティラミス4号!マツコの知らない世界でコンビニのクリスマスケーキ特集!


12月1日に放送されたマツコの知らない世界で「クリスマスケーキの世界」が放送されました。スイーツジャーナリストの平岩理緒さんがコンビニのクリスマスケーキを紹介して話題となりました。ファミリーマートのミルフィーユシャンティにローソンのティラミス4号。他にもセブンイレブン、サークルKサンクスの計4社を紹介!

スポンサードリンク

スイーツジャーナリスト平岩理緒とは?

hiraiwario

職業:スイーツジャーナリスト
2000年:スイーツの食べ歩きを始める
2001年:スイーツのHP(幸せのスイーツ共和国)を始め、独自にパティシエを取材
2006年:基本スイーツで炭水化物をとるようにしている
2007年作り方が気になり製菓専門学校に通う

コンビニクリスマスケーキとは?

専門店に迫る美味しさ!今からでも買えるコンビニクリスマスケーキということで、4社のクリスマスケーキが紹介されました。コンビニクリスマスケーキはここ何年かでもものすごく進化しており、各社かなり力をいれているみたいです。4社と言うのは「セブンイレブン」「ローソン」「ファミリーマート」「サークルKサンクス」のことで、4社同時に紹介と言うのはテレビ史上初だそうです。

ミルフィーユシャンティ

有名パティシエ監修!ファミリーマート 3100円

ミルフィーユシャンティ
引用:http://bodyplus1.ti-da.net/e5692838.html

ミルフィーユというのはコンビニとしてもケーキとして出すのが難しいそうです。というのもサクサクの部分がどうしてもしけってしまうからだそうです。しかしそれを有名パティシエが監修し、パイ生地をホワイトチョコレートでコーティングし、ミルフィーユの香ばしさとサクサク感を残すことに成功したそうです。その豪華な見た目にマツコさんも「コンビニで買ってきたとはわからないわね。」と絶賛していました。

監修したパティシエというのはフランス洋菓子店「レ・アントルメ国立」の魵澤信次シェフで、フランスで修業し、フランス菓子を日本に広めた草分け的存在な方だそうです。

そんなすごい方が監修しているなんてファミリーマートもやりますね。

ティラミス4号

コンビニスイーツの王者!ローソン 2350円

ティラミス4号

ローソンと言えばプレミアムロールケーキでコンビニスイーツとして確固たる地位を確立しています。そのローソンが出すティラミスですね。ちなみに4号というのは大きさのことで、4番目とかそういう意味じゃないですww
かなり本場に近づけた味で、本場イタリアで必ず使うマルサラワインをクリームに使用しているそうです。コーヒーシロップが染み込ませてあるビスキュイ生地がビターで大人な味わいに仕上げてあります。おいしそうですね。

スポンサードリンク

クリスマスかまくら

ホイップクリームへのこだわりがスゴい!セブンイレブン 2500円

クリスマスかまくら

かまくらということでドーム状になっており、セブンイレブンは特にホイップクリームへのこだわりが強いそうです。ホイップクリームは専門店では乳脂肪分40%ほどのクリームを使用していますが、セブンイレブンはそれに近づけて現在では約35%ほどになっているそうです。かまくらの模様付けは工場でやっており、ケーキ作りの工程を手作業でやっています。カスタードとババロアがするそうで、去年はバニラムースを使用していたが今年はお客からの要望が多かったので変更したそうです。かまくらシリーズは人気商品でこれは20代目になるそうです。知らないうちに20代目ということでマツコさんも「いつからクリスマスを拒んでたんだろ」と驚いてましたね。

シャンパンとブランデー香る濃厚ショコラケーキ

大人女子絶賛!サークルKサンクス 7000円

シャンパンとブランデー香る

結構いいお値段しますね。サークルKはシェリエドルチェというブランドを展開しており大人向けということで差別化されています。マカロンが乗っており、お酒の香りもかなりするみたいですね。ベリーと相性の良いシャンパンを使用することで甘酸っぱさが引き立ちさわやかな味わいになっています。コンビニでここまでやるかってくらいですねw 芳醇な香りのブランデーを使いしっかりとアルコールを感じる大人向けの味わいになっています。お子さんにはちょっと向いてないかもしれないですね。マツコさんは「こんなんで酔っぱらえたら幸せね」と話してました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?コンビニスイーツもここまできたかという感じですね。店頭でなかなか見かけることができないので、是非とも予約してみるといいですね。ちなみにサークルKサンクスは名古屋を中心に展開しているため東海地方以外ではなかなか見かけないかもしれません。是非名古屋に来た際は食べてみてください!

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA