美山加恋が新・牡丹と薔薇で妊娠!子役→高校生で話題に


11月30日から始まった「新・牡丹と薔薇」に女優の美山加恋さんが出演しました。「僕と彼女と彼女の生きる道」や「ちびまる子ちゃん」などで子役として活躍していた美山さんが高校生役として、そして妊婦として活躍している姿に視聴者からは時代の流れを感じると話題になりました。

スポンサードリンク

美山加恋さんのプロフィール

miyamakaren1

本名:美山加恋(みやまかれん)
生年月日:1996年12月12日(18歳)
出身地:東京都
血液型:AB型
身長:153cm

美山さんは6歳のころから子役として活躍している女優です。数々の作品に出演されてますが、有名なのはやはり「僕と彼女と彼女の生きる道」ですね。SMAPの草彅剛さん主演のドラマでその子役として話題となりましたね。

miyamakaren

他にもちびまる子ちゃんのまるちゃん役でも出演してましたね。

新牡丹と薔薇で美山加恋が妊娠?

miyamakaren3
11月30日から放送された「新・牡丹と薔薇」で小日向眞澄役で美山加恋さんが出演しました。

あらすじ
昭和57年の夏。高校3年生・眞澄(美山加恋)は不安を胸に抱えながら、産婦人科を訪ねる。稲垣(西村和彦)医師の診断の結果、眞澄は予想通りに妊娠を告げられ、看護婦の三上(大河内奈々子)や野島(小沢真珠)も高校生の眞澄のことを思い、心配顔に。
  眞澄は大学生の彼の子を宿していた。彼の就職も決まっていたため、結婚の約束をしていたのだが、その彼は交通事故で亡くなっていたのだ。稲垣から、すでに妊娠6か月目に入っているため中絶できないと言われ、眞澄は途方に暮れるばかりだった。
  眞澄の母は女優・萌子(山口いづみ)だが、父親は誰か聞かされておらず、眞澄が萌子の娘だと言うこと自体、世間に公表していなかった。萌子の両親のもとで暮らす眞澄は、誰にも妊娠のことを相談できず...。
引用:公式サイト

18歳の高校生役として出演した美山加恋さんでしたが、早々に妊娠してて話題となりました。

 

スポンサードリンク


まとめ

最近は子役として活躍していた方が大人になっても活躍している方が多いですね。子役で活躍すると後で大成しないという通説が変わってきているのかもしれないですね。美山加恋さんも今後いろいろと活躍が増えてくるかもしれませんね。本当に期待してしまいますね。 スポンサードリンク


合わせて読みたい記事


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA