日本シリーズで国歌斉唱をする榛葉昌寛さんがすごい!


2015年の日本シリーズ、ソフトバンクホークスvsヤクルトスワローズの開幕戦の始球式に今話題のラグビー選手、五郎丸歩選手が務めると話題ですね。しかしその話題の陰に隠れて国歌斉唱を行う榛葉昌寛(しんばまさひろ)さんという方がすごいみたいです。どんな方か気になったので紹介します。

スポンサードリンク

五郎丸の陰に隠れたテノール歌手?

goromaru

いよいよ10月24日に迫ったプロ野球日本シリーズですが、開幕式の始球式にラグビー日本代表の五郎丸歩選手が出ると話題ですね。五郎丸選手は福岡県出身ということで、地元ソフトバンクホークスと縁があるとのことです。日本中を沸かせた有名選手の登場に「あの話題の五郎丸ポーズは出るのか?」と期待が集まっています。
しかしその話題の一方で陰に隠れている榛葉昌寛さんをご存知でしょうか?榛葉昌寛さんは日本のテノール歌手で日本シリーズ開幕戦の国歌斉唱を務めます。日本シリーズの開幕戦の国歌斉唱と言えば、去年はティーナカリーナさんが務めて「ティーナカリーナ」って誰?と話題になりましたね。ティーナカリーナさんの本名は田中里奈というターナカリーナ、テーナカリーナ、ティーナカリーナと一見ギャグのような名前の由来で注目を集めました。今回、榛葉昌寛さんはどうでしょうか?事前に情報を集めました。

ティーナカリーナさん同様、実績はとんでもない!

shimba

榛葉昌寛さんは静岡県掛川市出身のテノール歌手なんですが、実績がとんでもないです。今は掛川市ふるさと親善大使を務めたりして、国際親善活動に力を入れているとのことですが経歴もすごいです。
まず東京芸術大学卒業後は、日本オペラ振興会オペラ歌手育成部を特待生にて修了。国際ロータリー財団奨学生として国立ミラノ・ヴェルディ音楽院にて研修を積み、テーラモ市立劇場にて「椿姫」アルフレード役にてイタリアで劇場デビューします。
東京芸術大学といえば言わずと知れた日本を代表する芸術大学です。日本で唯一の国立芸術大学であり、坂本龍一さんの母校でもありますね。そこを卒業して日本オペラ振興会を特待生で修了するのですが、日本オペラ振興会というのは言わばオペラの総本山です。相当すごいです。そこからは海外ということで僕も詳しくないんですがかなりすごいことだと思います。
その後はオペラ出演や、コンサート活動を行って、イタリアだけでなく、スイス、ドイツ、ハンガリーなどのヨーロッパやアメリカ、カナダなど様々な地域で活躍したとのことです。
そしてすごいのは国際マリア・カラス財団というところから、日本人で初のマリア・カラス賞を受賞したのです。
榛葉さんを支持する方は多く、会社では帝人㈱が衣装協力をしていたり、生涯学習開発財団が助成金を出していたりと多くの方が榛葉さんの活動を後押ししています。
というのも榛葉さんは機械があれば惜しみない情熱を文化交流に注ぐとのことです。
今回の日本シリーズの国歌斉唱は、オペラの注目をかなり高めるかもしれませんね。

関連記事:日本シリーズの国歌斉唱に米米CLUBの石井竜也!始球式にはボクサー村田諒太が登場

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA