仕事でスマホでメモをとるのはいいか?非効率な働き方?


最近の若手社員の特徴として、「スマートフォン(スマホ)でメモを取ろうとする」という行動が話題になっているそうです。最近の若者っぽい行動だとも言えますが果たしてどちらの意見の方が正しいのでしょうか?意見をまとめてみました。

スポンサードリンク


メモの条件とは?

まずメモをとることの条件と言えば情報のインプットとアウトプットですね。教えてもらったこと、大事なこと、スケジュールなどをメモをする。そうすることで情報を自身にインプットして、さらにその情報をみて復習したり、整理したりするアウトプットするという一連の流れがあります。

メモに求められること

そのメモに求められること、気をつけなければならないことは2つあります。

正確性

まず1つ目が正確性です。正しい内容のメモが取られているか、そのメモから正しいアウトプットを取ることができるかです。

スピード

もう1つはメモなので入力するスピードが求められます。メモを取る場面は多いのでいちいち時間を取るようなことは避けたいですね。

紙のメモとスマホのメモの違いは?

では上記の前提と求められることを考えて紙のメモとスマホのメモに違いはあるのでしょう?違いをまとめてみました。

スマホのメモ 正確性 ◎ スピード ○

スマホのメモにおけるメリットは文字情報を正確に残せることです。また普段から持ち歩くことによって紙よりもアウトプットの頻度を高めることができる点もメリットとしてあります。スマホなので文字をしっかり入力することができれば読み間違えるということはありませんね。

紙のメモ 正確性 ○ スピード ◎

紙のメモのメリットは何と言っても様々な形でメモをとることが出来る点です。組織図や展開図でも簡単にメモを取れるのでスマホよりも早く入力することができますね。しかし一方であまりにも早く書き過ぎて文字が読めなくなるといったこともあるそうです。

スポンサードリンク


紙のメモをおすすめする理由

どちらにもメリットとデメリットはありそうですが、昔ながらの考えでは紙のメモの方が圧倒的多数ですね。それにはやはり紙だからこその感覚的なメリットがあります。

仕事をしている雰囲気が出る

どうしても現代ではスマホを触っているとゲームをしているように見えて紙で一生懸命メモを取っていると仕事をしているように見えます。逆に言えば紙で遊んでいても仕事をしているように見えるということですね。

メモの汎用性の高さ

組織図や展開図、フローチャートなんかはスマホでメモするのは一苦労ですが紙ならばすぐに起こすことができます。業務の流れが複雑であったり、家系図を聞きとるなんかのときでもわかりやすさが増しますね。

取り外し可能な点

紙のメモはいつでもどこでも切り離しができます。メモを切り離し目のつくところにおいておくこともできます。またお客にその部分だけ渡すことも可能です。また最近ですと個人情報漏洩の観点から仕事の情報を家庭に持ち帰るのはNGのところが多いです。
スマホですとそうした観点からは絶対にデータを残すことができませんが、紙であれば職場においておくことができます。

記憶力の向上

これは真かどうか賛否の分かれる点ですが学術的な評価からしてもやはり紙のメモの方が脳に刺激を与えて、内容をより理解できるとのことです。スマホのフリック入力では記憶にとどまらないことも、自身で文字として書き起こすことで記憶することが可能なのです。また覚えるときもパソコンの文字よりも手書きの文字の方が覚えがいいとのことです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?スマホでメモをとることが許されるか許されないかは社風によるところが大きいですね。そういったところに柔軟に対応していく必要はまだありそうです。しかし今後スマホが普及していけば認められていくかもしれませんね。

スポンサードリンク


合わせて読みたい記事


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA