すぽると!1/100プロ野球部門別ランキング!


フジテレビのすぽると!”で毎年恒例となっている、現役プロ野球選手100人が選ぶ部門別のNo.1が毎年面白いですよね。2015年はスピードボール部門、コントロール部門、変化球部門、パワーヒッター部門、バットコントロール部門、走塁部門、強肩部門、守備部門の8部門でNo.1が決まりました。

スポンサードリンク



すぽると!1/100とは?

フジテレビの人気スポーツニュース番組「すぽると!」で行われる現役プロ野球選手に聞いた、部門別のNo.1は誰かを決めるという企画です。ゴールデングラブ賞やベストナインとは違った選手が選ばれる点や、選手間の投票ということでその選手がどのように考えているかわかる点などが人気で2015年は8部門でのNo.1が決定しました。その結果をまとめてみました。

誰が誰に投票したかまとめ
セリーグ→すぽると100分の1を誰が誰に入れたか球団別でまとめてみた_
パリーグ→すぽると現役選手100人が選ぶ部門別No.1!誰が誰に入れたか球団別でまとめてみた

スピードボール部門

ootanishohei

1位 大谷翔平 日本ハム 54票
2位 サファテ ソフトバンク 12票
3位 藤浪晋太郎 阪神 7票
4位 ポレダ 巨人 6票
5位 バンデンハーク ソフトバンク 4票

1位はMAX162kmを投げる日本ハムファイターズの大谷翔平選手でした。数字としても堂々たる成績で、2位との票数差もすごいですね。これでまだ21歳というから驚きです。

コントロール部門

kanekochihiro

1位 金子千尋 オリックス 19票
2位 前田健太 広島 18票
3位 西勇輝 オリックス 12票
4位 石川雅規 ヤクルト 7票
4位 岸孝之 西武 7票
4位 菅野智之 巨人 7票

コントロール部門は票が割れましたね。1位はどんな球種もキャッチャーミットに正確に投げ込む金子選手です。ボール球の出し入れもお手の物で、本人いわく「安心してください、ストライクゾーン以外もちゃんと投げます」とのことです。

変化球部門

maedakenta

1位 前田健太 スライダー 広島 13票
2位 武田翔太 カーブ ソフトバンク 9票
3位 大谷翔平 フォーク 日本ハム 8票
4位 松井裕樹 チェンジアップ 楽天 7票
4位 若松駿太 チェンジアップ 中日 7票

前田投手のスライダーは縦に落ちたり、横にスライドしたりと変幻自在に変化するそうです。さらにはコントロールもよく、ボール球からストライクゾーンに入ったりとまさに日本を代表する投手ですね。大リーグでの活躍を期待しています!

スポンサードリンク



パワーヒッター部門

yanagidayuki

1位 柳田悠岐 ソフトバンク 55票
2位 中村剛也 西武 11票
3位 筒香嘉智 DeNA 5票
4位 バレンティン ヤクルト 4票
4位 ペーニャ 楽天 4票

パワーヒッター部門ではソフトバンクの柳田選手が圧倒的票差で1位に選ばれました。横浜スタジアムでのバックスクリ―ン直撃弾はまさに圧巻ですよね。とにかく身体能力が化け物で今後もインナーマッスルを鍛えるそうです!

バットコントロール部門

kawabatashingo

1位 川端慎吾 ヤクルト 33票
2位 秋山翔吾 西武 24票
3位 山田哲人 ヤクルト 10票

年間最多安打とトリプルスリーを抑えて川端選手がバットコントロール部門で1位を獲得しました。とにかく2ストライク追い込まれてからの粘りがすごいみたいで、数字に残らない部分で嫌な印象を強く残しているんでしょうね。

走塁部門

suzukitakahiro

1位 鈴木尚広 巨人 ?票
2位 西川遥輝 日本ハム 16票
3位 山田哲人 ヤクルト 12票
4位 中島卓也 日本ハム 11票
5位 柳田悠岐 ソフトバンク 8票

鈴木尚広選手がなんとこの部門3年連続でのNo.1に選ばれています。とにかく印象が強いみたいで、ベンチにいるときから警戒してしまうそうです。鈴木選手自身もプレッシャーを与える意識をしているとのことで、単純な足の速さだけで走塁が決まらないということでもありますね。

強肩部門

suzukiseiya

1位 鈴木誠也 広島 14票
1位 柳田悠岐 ソフトバンク 14票
3位 糸井嘉男 オリックス 12票
4位 今宮健太 ソフトバンク 11票
5位 小林誠司 巨人 8票

1位は同票で鈴木誠也選手と柳田選手の2人です。柳田選手はパワーヒッター部門との2冠ですね。鈴木誠也選手はプロ3年目の21歳とまだまだ若手で今後が楽しみですね。

守備部門

kikuchiryosuke

1位 菊池涼介 広島 22票
2位 今宮健太 ソフトバンク 15票
3位 藤田一也 楽天 10票
3位 クルーズ ロッテ 10票
5位 大和 阪神 9票

守備部門の1位は広島の菊池涼介選手でした。圧倒的な守備範囲でどんな打球でもアウトにしてしまうのはバッターにとっては脅威ですよね。しかしあまりにもファインプレーが多すぎるせいか見慣れてしまったという声もあるそうです。それもまたすごいことですよね。

まとめ

いかがだったでしょうか?この100分の1は選手間の投票だからこそ認められたらとてもうれしいもの見たいですね。選ばれた方々はみな本当にうれしそうでした。来年は果たしてどのような結果になるのでしょうか?楽しみですね。

誰が誰に投票したか球団別
セリーグ→すぽると100分の1を誰が誰に入れたか球団別でまとめてみた_
パリーグ→すぽると現役選手100人が選ぶ部門別No.1!誰が誰に入れたか球団別でまとめてみた_

スポンサードリンク



合わせて読みたい記事


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA