高橋由伸の妻・小野寺麻衣が語る監督就任の舞台裏!Going!にて完全再現!


12月6日に放送された「Going!Sports&News」で「特別企画!巨人、高橋由伸新監督。完全再現!妻だけが知る夫の素顔&運命を変える一本の電話」が放送されました。髙橋由伸新監督の就任の舞台裏についてまとめました。

スポンサードリンク

髙橋由伸新監督って?デビューから大活躍!

takahashiyoshinobu

髙橋監督は1997年に慶応大学からドラフト1位で巨人に鳴り物入りで入団しました。その甘いマスクにシーズン前からファンが殺到、そして開幕からわずか4試合目でプロ初ホームランを放つなど注目を集めました。プロ1年目の打率は3割を超え、これはセリーグではあの長嶋以来40年ぶりの記録だそうです。

妻はアナウンサー小野寺麻衣さん!

onoderamai

小野寺麻衣さんは元日本テレビのアナウンサーです。髙橋由伸監督のプロ入りと同じころ、日本テレビに入社しました。ニュース番組に出演したり、スポーツ番組の取材などをして活躍していました。そして2006年1月、お互いが30歳の時に結婚します。妻の麻衣さんは「誠心誠意支えいくのみ」とコメントしており、同じ年にアナウンサーを退職されているんですね。2人の子宝に恵まれ、家族で由伸選手の活躍を楽しみに見ていたそうです。

松井秀喜さんのコメント!

matsuihideki

Going!Sports&Newsでは髙橋由伸監督就任に関して松井秀喜さんからコメントを得、「取れると思ったボールはとにかくグラブに入れるその執念は凄かった」と語っています。髙橋監督は守備の栄冠ゴールデングラブ賞を7回獲得しており、気持ちのいいダイビングキャッチを何度もしております。しかしこのガッツが髙橋監督のよいところでもあり、苦悩の選手生活を送る理由でもあったのです。

18年のプロ生活で4度の手術

takahashiyoshinobu2

髙橋監督は18年のプロ生活で4度の手術をしているそうです。この怪我との戦いを妻の麻衣さんは「ボールが当たったりフェンスにぶつかると体がどきどきしてどうしたらいいか不安に襲われる」と話していました。毎回全力プレーの髙橋選手にかなりドキドキさせられてたみたいですね。髙橋選手は怪我のせいで1年で1打席しか立てない日もあったそうです。しかしどんなに辛い時でも家の中に野球を持ちこまなかったそうです。すごいですね。

スポンサードリンク

髙橋由伸新監督が電撃就任!

takahashiyoshinobu

プロ18年目の2015年のシーズンは40歳を迎えて代打の切り札として登場、代打打率は.395と大活躍し、来シーズンの活躍にも期待がかかっていました。しかし、シーズンを終了して原辰徳監督が優勝を逃したことにより退任、次期監督が誰になるかで巨人はもめていました。そこで白羽の矢が立ったのが髙橋由伸選手でした。

シーズン終了後に1本の電話が入り、のちに正式に監督要請を受けました。監督要請を受けた日の会見では「まだ僕は引退したわけではないですし、まだまだプレーできるのではないかという思いもある。」と話し、監督就任へは消極的でした。しかしそれからわずか3日後、髙橋選手は監督要請を受諾したのでした。
この時ばかりは家に野球のことを持ちこまない髙橋選手も、気がつけば窓の外を眺めていたりとかなりの葛藤があったそうです。

髙橋監督の背中を押したのは1本の電話

髙橋選手に監督要請があってから、すぐに髙橋監督はある人に1本の電話をしたそうです。こう「それは他でもない前監督の原辰徳さんでした。

haratatsunori

原辰徳さんは「こういう風にしたほうがいいよね。」「もし俺でよかったら質問に何でも答えるし力になるよ」この二言だけ話したそうです。その時髙橋監督は監督に踏み出すことに対する自信が今一つ足りなかったそうです。そこを原監督に「絶対お前がやることがいい」と言われ決意したそうです。原監督はこの時のことを「由伸の良さでもあり、マイナスな部分は慎重なところ。しかし今回の決断は早かった。立場は人間の本質的ないい部分を引き出すんだな。」と話してました。本当に髙橋監督かっこいいですね。

監督就任に家族の反応は?

突然の監督就任に家族はやはり戸惑ったそうです。7歳の長女は麻衣さんに「もうバットを振ることは二度とないの?ドームで見ることもできないの?」と引退を悲しんだそうです。妻の麻衣さんも「せっかくだから子供の記憶に残るまでやってほしいという思いはありました。しかし『まだ続けてもらいたい』と思える年まで続けてくれたことは逆に感謝している」とも話してます。いい奥さんですね。

まとめ

家族の思いを受けて新監督としての第一歩を髙橋新監督は踏み出しました。11月23日には東京ドームで現役引退セレモニーが行われ、共に戦ってきた巨人軍の選手、応援してくれたファン、支えてくれた家族、全ての方に感謝をし、今後の苦難に立ち向かうことを宣言しました。妻の麻衣さんも最後は涙ぐみ、「今まで通り支えていきたい」と話していて本当に感動しました。監督としての髙橋由伸さんの今後の活躍に期待です!

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA