東京タラレバ娘が原作と違い過ぎると話題!キャストの年齢が若すぎる?


1月18日から始まった新ドラマ「東京タラレバ娘」ですが原作と違うと話題です。アラサーの3人が恋愛に奮起するという物語ですがキャストの吉高由里子さん、榮倉奈々さん、大島優子さんは28歳という年齢で、若くて綺麗なことから原作の醜さを感じられないとネット上で批判されています。

スポンサードリンク


東京タラレバ娘がドラマ化!


東村アキコさん原作の漫画「東京タラレバ娘」が1月18日からドラマでスタートしました。吉高由里子さんを筆頭に、榮倉奈々さん、大島優子さん、坂口健太郎さん、鈴木亮平さんなど人気の役者を揃え注目を集めています。あの時プロポーズを受けていたら・・・もっと痩せれば・・・などなど「タラレバ」をつまみに酒を楽しむアラサー女性を中心にした物語で、要所にきつく鋭い言葉や、3人の掛け合いがとても面白いです。今後も注目ですね。

原作の方が面白い?


そんな東京タラレバ娘ですがドラマの方は鋭さが足りず、原作の方が面白いと話題になりました。ネット上では原作のここが面白いと様々なシーンがアップされました。まだ1話なので判断は難しいですが今後これらのシーンがどのようになるのか見ものですね。


スポンサードリンク


キャストの年齢が若い!


原作ファンの方によるとやはりキャストの年齢が若いことで「醜さ」が足りないようです。脚本家の倫子を演じる吉高由里子さんは28歳、ネイリストの香を演じる榮倉奈々さんも28歳、居酒屋の娘・小雪を演じる大島優子さんも28歳と全員アラサーではあるものの20代です。全員顔もかわいく、しかも榮倉奈々さんは最近婚約を発表したばかりでなかなか感情移入がしづらいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?東京タラレバ娘原作の東村アキコさんは「海月姫」の作者でもあり、海月姫は過去にドラマ化もされましたね。その時は原作通りですごいと話題になりましたが東京タラレバ娘はそうはいかないみたいです。これはこれでドラマならではの楽しみ方ができるかもしれませんね。楽しみにしましょう!

スポンサードリンク


合わせて読みたい記事


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA