WBCでタイブレーク!ルールは?岡田俊哉が活躍!侍ジャパン強化試合オランダ戦!


11月12日のWBCプロ野球、侍ジャパン強化試合のオランダ戦で初めてのタイブレークが行われました。結果は中日の岡田俊哉選手がオランダ打線を見事抑え、大野選手のサヨナラヒットによって勝ちを手にしました。しかしなかなかすっきりしない試合内容でしたがルールはどういったものだったのでしょうか?

スポンサードリンク


侍ジャパン強化試合オランダ戦!


11月12日にはWBCの侍ジャパン強化試合、オランダ戦が行われました。大谷選手の代表初ホームランなどで盛り上がったこの試合は乱打戦となり、試合は強化試合初の延長戦へ突入しました。

WBCで初のタイブレーク!岡田俊哉が活躍!


日本は7-8でビハインドの9回裏、オランダの2つのエラーによって同点に追いつきました。その後延長戦が始まりましたが、このWBCではタイブレーク制が導入されておりネット上を騒がせました。結果は中日の岡田俊哉選手がオランダ打線を0点に抑え、大野選手がサヨナラヒットを決めて見事勝ちを手にしました。うれしいですね。


スポンサードリンク


ルールは?ネット上の反応


タイブレークはアマチュア野球などに導入されているルールで無死一塁二塁から攻撃が始まるものです。試合を動かすためにチャンスから始めるものですね。先攻のチームは出来る限り点をとらないといけませんし、後攻のチームは点の取られ方によっては攻撃の仕方が変わったりするので戦略の立て方も重要です。また投手の継投なども9回まで戦った後の状況ですからなかなか難しいです。WBCでの本番ではまだ導入されるのか決まっていないみたいですが、このタイブレークを考えた試合展開をしないといけないので大変ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?強化試合で勝ったとは言え課題の残る試合でしたね。タイブレークを経験できたのはよかったものの、延長に突入できたのは相手のエラーというなんとも苦い内容でした。本番までに改善して熱い試合となるといいですね。

スポンサードリンク



合わせて読みたい記事


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA