山田孝之の性格はディレクタータイプ?ホンマでっかTVで性格診断!


1月27日に放送された「ホンマでっかTV」に俳優の山田孝之さんが出演しました。信長協奏曲の共演者である小栗旬さん、向井理さん、高嶋政宏さんらとタイプ分け診断を受けました。山田孝之さんは共演者らから「毒を吐く」や「行動が読めない」といった素顔を暴露され、ディレクタータイプと診断されました。

スポンサードリンク


山田孝之さんがホンマでっかTVに出演


 1月27日に放送された「ホンマでっかTV」に俳優の山田孝之さんが、映画「信長協奏曲」で共演する小栗旬さん、向井理さん、高嶋政宏さんらと出演しました。番組では人間の性格は5つに分類できるというタイプ分け診断を受けました。

周囲からの評価は?

タイプ分け診断のポイントは自己評価でなく、周囲からの評価で判断することです。結果は「アベレージタイプ」「ブラックリストタイプ」「カームタイプ」「ディレクタータイプ」「エキセントリックタイプ」の5つに分けられますが、山田孝之さんは一体どのタイプだったのでしょうか?

毒を吐く

向井理さんの山田孝之さんに対する評価は「毒を吐く」でした。他人の事をよく見ているのでズバッと的を射たことをストレートに発言されるそうです。

行動が読めない

小栗旬さんは山田孝之さんのことを「行動が読めない」と評しています。お酒が入った際にいきなりプロレス技をかけ始めたり、サバイバルゲームごっこを始めたりするそうです。

辛いものが好きだが弱い


マネージャーさんによると山田孝之さんは得意でもないのに、ケータリングの香辛料をガンガン使うそうです。本人としてはアドレナリンが出るため好きであり、ただ苦手なだけとのことでした。

遅刻をしても悪気がない

小栗旬さんの話では山田孝之さんは遅刻を悪びれないそうです。ちなみに小栗旬さんも遅刻癖があるそうで人のこと言えた義理ではないみたいです。

独特な価値観を持っている


 演技でもそうですが山田孝之さんは独特の価値観を持ってますね。共演者である高嶋政宏さんもそれをよく感じるそうです。また山田孝之さんは5時のチャイムを聞くのが好きということでよく区境に行くそうです。独特ですね。

スポンサードリンク


山田孝之はディレクタータイプ


そんな山田孝之さんは気配り上手なリーダーディレクタータイプと診断されました。外に関心が向かっており、気持ちが安定しているとのことです。毒を吐くというのは周囲をよく観察しているということで、外交的であるという証拠だそうです。また気持ちが安定しているからこそ苦手な辛いものを食べたり、遅刻でも悪びれないということらしいです。そんなディレクタータイプの山田孝之さんとの付き合い方は、自分に自信があるので、意見を受け入れて喜ばせるとよいそうです。逆に指示されるのを嫌うので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ディレクタータイプというのは過去の偉人でいうと豊臣秀吉もそうだったそうです。海外への出兵など外交的ですよね。山田孝之さんは信長協奏曲で秀吉役をされているのでまさに適役ということですね。映画での活躍が楽しみです。

スポンサードリンク


合わせて読みたい記事


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA